恋人が自殺をほのめかしたら

 石左さん初めまして、記事いつも読んでいます。突然ですが石左さんにご相談があります。

 僕は現在22歳で、地方大学を卒業し春から東京での勤務が決まっています。新生活はとても楽しみなんですが一つだけ困ったことがあります。交際して一年になる彼女が「遠距離恋愛や交際解消となるようなら死ぬ」と言い出して聞かないのです。

 当初は僕も彼女と別れる意思はなく「東京で一緒に暮らすか、遠距離でもいいからこのままで」と考えていたのですが、僕が入社手続きや新居の手配などで東京に行くたびに彼女の精神状態が悪化し、手首を切ったり心療内科へ通院したりするようになりました。付き合い始めにはそういう素振りがなかったのですが、昔別の男性と交際しているときにもそういった兆候があったようで、鬱の症状がぶり返しているようです。

 僕は彼女の家族とも面識があり、家にも何度か御呼ばれしている身でして、相手方の両親の目もある手前思い切って別れるとは言い出せずにいます。

 そういった状況の中、先日精神薬のオーバードーズで彼女が病院に搬送されたと連絡が入り現在ますます追い詰められています。

 私事で申し訳ありませんが、助言などいただけませんでしょうか。宜しくお願い致します。

 大変ですね。恐らく、この相談がヤフー知恵袋に掲載されようものなら

「男ならしっかり責任を取れ、そういう女と付き合ったお前が悪い」

「本当に別れたいなら別れれるはずでゎ?いま彼女さんは独りぼっちなんだょ…」

「彼女自慢ですか?ウェブにこういうことを書く輩はどういう頭してるんですかね?こういった輩に今後の日本を任せなければならないなんて大戦で死んでいったご先祖様たちに顔向けが立ちません。非常に腹立たしいです」

 といった風にインターネットフリースタイルダンジョンになっていたことでしょう。知恵とはなんなんでしょうね。一体そんなものが人間にあるのいうのでしょうか。

 これらは正論(?)ではあるんですけれど、感情や憂いのない機械世界での話です。1+1が2になると思って疑わない人々の論だと言えます。現実世界はそんなに簡単ではありません。

「花子ちゃんの財布には1万円あります。花子ちゃんはおじさんにもう1万円貰いました。さて財布にはいくらあるでしょう?」

 何そのおじさん。財布の中身の話をしている場合じゃないですよね。確実に2万円よりも大切な何かを失っていますよね花子ちゃんは。

 大事なことに限って行間にあるのです。一度相談者さんの状況を整理しましょう。

 あなたは彼女と別れたいのですが、彼女が自殺をする素振りを見せるので身動きが取れなくなっています。

 要するに「お前のせいで人が死ぬぞ、いいのか」罪悪感で脅しをかけ、あなたをコントロールしにかかっている状況です。これはもう彼女が彼女自身を人質に取った立派な恐喝の構図ですよね。

 日本ではあまり広く知られていない事実ですが、女性は全員ヤクザです。しかもこういう場面では無意識に知恵が働くインテリヤクザ。普段は「nanimositenai noni nihongo utenaku natta」とか言ってるのにこと恋愛になると頭がキレるのが女性です。ヤクザなんていうものは法も倫理も通用しない無敵の存在なので、関わった時点である程度の損害は確定。ヤクザに世話になっておきながら無傷で縁を切ろうという発想が自体がそもそも間違いなのです。ここではいかに少ないダメージでヤクザを納得させるか、そういった方向に思考を切り替えることが肝要と言えます。

 相談内容だけではあなたの現状を完全に把握することはできませんが、その限られた情報の中にもいくつか気になる叙述があります。

「昔別の男性と交際しているときにもそういった兆候があったようで」

 はい。

 つまるところこれは、過去にもこういった手段で男性をコントロールしようとし、その上で結局自殺までには至らなかった、ということを示唆しています。また

「家にも何度か御呼ばれしている身でして、相手方の両親の目もある手前思い切って別れるとは言い出せずにいます」

 これ。

 深読みすぎるかもしれませんが、交際相手を親族の前に引きずり出すのは、相手側に責任感を植え付ける為の常套手段です。でなければ、両親の住む家で行為に及ぶと興奮する変態野郎です。ananに書いてありましたので間違いないです。

 失礼な物言いになって申し訳ないのですが、どうも質問者さんの彼女さんは自殺脅迫に慣れていらっしゃるように思えます。中級者のムーブ。

 なのでまず彼女さんが死ぬことはないと言えるでしょう。仮に死んでしまっても、あなたの責任ではありません。そう考えるのは優しい人には難しいんでしょうけれど自分の身を守るためにそう考えるべきだとぼくは思いますよ。罪悪感を刃物に見立てれば、それを突き付けて脅してくるような人からは逃げ出したくなって当然です。ですし、交際のスタートがお互いの自由である以上、終わりもお互いの自由でしょう。

 具体的な対策を挙げるとすれば、彼女サイドがどういう自傷行為に走ろうが心配する素振りを見せないことです。「この方法が効くのか!」と学習させてしまうと余計にエスカレートします。ゲームでも、モンスターに有効な攻撃が入るとバーン!と音がして赤く点滅したりしますよね。あれはプレイヤー側への「ダメージ、入ってますよ」という連絡なのです。仮に有効打撃だったとしてもモンスター側が効いている素振りを見せなかったらあなたはどうしますか?おそらく、別の攻撃手段を試しますよね、そういうことだと思います。

 もしくは目には目をの発想で、あなたも負けないくらい病むのも有効かと思います。特に意識して自傷行為であなたを脅迫しているのであれば相手なら「マズい、やりすぎた」と焦り対応を変更してくるでしょう。それで面倒臭がられて自然に別れられるケースもあります。脅迫型のメンヘラは自殺をほのめかすのに慣れていますが、ほのめかされることには慣れていません。演技力に自信がある方は是非どうぞ。

 今回は男性側が脅される立場の話でしたが、男性にも自殺する自殺すると喚いて女性を脅す手合いが一定数存在します。また異性間だけでなく同性の友人に対してこれを敢行する方もいらっしゃいます。男女問わず自殺脅迫にお困りの方は是非ご参考にしてください。

 そもそも、本当に死ぬ人は他人を介せずひっそり死にます。言ってくれりゃいいのになってくらい。

 頑張ってください。東京に来たら、飯でもおごってください。それでは。

-雑記
-

1991年8月4日生まれ。獅子座のO型。